最初は3-4-3。

U-5Rのオランダ縛りの初期のフォーメーションです。
3-4-3の中盤をダイヤモンド型にした配置です。

メンバー選考の時点で、このフォーメーションを採用しようと思っていました。(メンバーの一覧はこちら

この布陣にした理由は、WCCFにおいても、常に三角形を意識してボールに絡むことができる布陣にしたほうが、パスが回しやすかったり、守備時もボールを奪いやすいのではと思ったからです。

ムービングパスワークも今までの経験上、選手間の距離が近い方が効果を発揮していしていたと感じましたし、プレスディフェンスを使うにしても距離が詰まっていた方が選手同士のケアが早いと感じたからです。

実際に試してみると、初期の育成段階(タイトルではB級〜A級)ではこちらの意図した動きをしてくれました。

チームの基本戦術は、中盤の4人でボールを絡め取り、コクかニースケンスを経由して、前線の3人につなぎフィニッシュです。

立ち上げ当初は、前線3人の連動性が低く、各自が個人技を駆使してゴールすることが多く、スタミナの消費も激しく、クライフ以外の二人は後半早々に交代することもしばしば。

前線3人の連携もつながり始めると、各自が個人とパスワークを使い分け初めてくれました。パスワークに関しては、互いの位置を完全に把握しているのか、調子が良い時は、ノートラップでダイレクトパスを回しそのままゴールを決めるシーンもかなり多く見られました。

守備に関しては、基本MF4人のところで奪取できていました。たまにカウンターなどで抜かれても、白3人のDFラインがしっかりとケアしてくれて安心して試合をするめることができました。そしてDFラインが完全に抜かれてしまっても、ファンデルサールのビックセーブで、最小失点に抑えることができました。

育成序盤は、概ね想定通りの動きを見せてくれていたのですが、幾つか懸念材料がありました。

一つ目は、ニースケンスですが、真ん中におくと攻撃面での活躍は期待できるのですが、以外と奪取する機会が少なくなりました。前線奪取を期待していたのですが、そこまで取ってくれず。

また、基本的にカウンター時以外は、ど真ん中を通って攻撃をしてくることが少ない気がするので、守勢時にボールに絡む機会が減ってしまうのではないかと思いました。

それから、育成序盤ではクライフ以外にはあまりパスを出すことをせずに、個人で突破する傾向が強かった気がします。

二つ目は、ライカールトです。基本的に縦方向への動きは良いのですが、横への動きが少し鈍い気がしました。また、ボールは奪取してくれますが、パスを出さずに自身にで持ち上がってしまうことがかなり多かったです。

得点まで結びつけてくれれば良いのですが、敵陣に入るとドリブルが大きいので再奪取されることが多く、攻撃のリズムを崩すことがしばしば。

この2点を改善するために、途中からフォーメンションを変更することにしました。
長くなってきたので、続きは次回にします。