唯一無二よりウォーターブレイク。

お昼休憩を挟んで戻ってくると、
キングスクラブカップの最中でした。

先ほど座っていた席が、
ラスト1クレで新パックに切り替わったので、
同じ台で掘ることに。

日本やらバルサやらをプレイしながら、
調子を見つつ、ICCがやってくるのを待つことにしました。

日本はちょっと停滞気味。
不安が残ったので、バルサに切り替えるとかなり良い感触でした。

とくに、09-10SPSビージャと11-12MVPメッシの両名は、
かなりの切れっぷり。

メッシは、シュートの精度、威力ともに申し分無いですし、
サイド突破からのクロスも高精度で言うこと無いですね。

正直、唯一無二を発動しようがしまいが、
壊れっぷりは変わらないですね。

他に有用なKPが無ければ、使用すると言ったところでしょうか。

ビージャもウォーターブレイクが無くても、
前線での奪取やサイドの突破、シュート精度など、
申し分ない動きをしてくれます。

が、やはりウォーターブレイク発動時の方が、
それらの特性がより強く出ていました。

ICCに向けての高感触をつかみつつ、
引いたカードは、YGSのバラン。。。通算4枚目。

お隣では、親友さんがBANのデロッシを引いておりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です