対決その2。

金曜日の続きです。

キングスに続いて、今度はブラジル縛りで、
チャンピオンズトロフィーにも参戦。

親友はチームを切り替えるつもりが、
そのままチェルシー縛りで参戦することに。
もう一方は今回も参戦せず。

1回戦は、ポルトゥゲザ・キーナス相手にトータルで7-0と圧勝。

フッキが止まりません。
一時期、付録のWOSにしていましたがやたら、
周りを使おうとするんですよね〜

白の方が玉離れは悪くなりますが、
ゴリゴリドリブルで相手をごぼう抜きしてくれて、
気持ちよくゴールを量産してくれます。

準決勝は、キャンペーンの「ミ ッ キ ー @ GY」と対戦。
いやー、さすがにガチチームだけあってCPUになっても守りが堅いこと!!
初戦は、0-0のドローでした。

2ndLegも前半は、ドローでこのままだと、
ユニフォームどころか決勝にも行けない危機を迎えていたのですが、
後半、ラミレスの奪取からカウンターが始まり、カカに渡り見事先制!!

そのまま、1-0で勝利して、無事ユニフォームもゲットしました♪
今回からは、次の試合を始める時にメッセージがでて、
ちゃんと獲得したのが分かるようになっていました。

そして決勝は、またもやチェルシーがお相手です。

今回は攻撃力に物を言わせて、
一気に勝ちきるつもりだったんですが、やっぱり守備が堅い。

白テリーは全盛期より、スタミナもスピードも落ちているのに、
やたらポジショニング良くて、こちらのチャンスをことごとくシャットアウト。

そしてケイヒルも、このパスが抜ければゴールってところで、
必ず現れて、見事にパスカットするなど相変わらず良い動きでした。

あと、レンタル中のWSAアザールのサイドアタックも脅威でしたし、
Aコールのオーバーラップや、中央のエトーを抑えるのも一苦労。

流れを変える為に、選手交代をしたかったのですが、
中々ゲームが中断せずに、そのままスコアレスドローでPK戦へ突入!

うちのセーザルさんが踏ん張って、2本止めれくれたので、
辛くもタイトルをゲットできました〜

かなり攻守の切り替わりが早い試合で面白かったんですが、
こちらはかなり後手に回った展開だったので、
内容的には負けていましたね。。。

その後、ジャパントロフィーは、
最近良くあたる、ミラクル・ブラウグラナに2-0で勝利。

アウベスのキラークロスが使えるようになったんで、
試したみたのですが、なんとほとんどクロスを上げずじまい。

挙げ句は、アウベス自身がサイドから中央に切り込んで、
自らドリブル突破して、そのままゴールを決めるという始末。
「お前が自身がクロスボールかい」って、思わず突っ込んでしまいました・・・

まあ、何はともあれタイトルが獲れたので良かったです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です