1週間ぶりに蹴れました。

本日、やっと蹴りにいけました。

奥様は娘を連れて、実家のご両親とお買い物の予定になったので、
お昼からいつもの地元ゲーセンへ出陣。

着いたら、先客は2名と以外にいませんでした。
日曜日はお昼からいつも満席近くなっているのでちょっと以外でした。

今日は、大帝が発動したドイツ縛りを中心に蹴ることにしました。

残りのタイトルは、S級の3つ。
とりあえず、チャンピオンズトロフィーまで時間があったのでリーグ戦を消化。

そうこうしているうちに、先客に加えて、
途中で子連れ監督さんがお隣のサテで参戦。
息子さんもそのお隣で蹴っていました。

うちは娘なので可能性が少ないのと、
まだ1歳なので興味を持ってくれてもまだまだ先の話です。

そんなことを考えていると、チャンピオンズトロフィーが巡ってきたので参加。

相変わらずセンモニの右が壊れているので、
他に誰か参加しているか分からない状態なのですが、
ちらっとお隣のサテを見ると、子連れのお父さん監督さんが参戦。

CFのお二人、前半はクローゼ、
後半はSS持ちのゴメスさんの活躍で、あっという間に決勝へ。

決勝は、予想通りお父さん監督さん。
チームはレアル縛りのU-5Rでした。

前半早々に、ルート・ファンニステルローイ(06-07WFW)さんに、
中央を崩され、CKに。それをセルヒオ・ラモスさんに決められあっけなく先制。
ゴールパフォーマンスで、ラモスさんに華麗にバク転されました(笑)

その後、なんとか主導権を掴むも得点に繋がらない状態がつづき、
前半終了間際に、右サイドを駆け上がったエジルを
ロベカルさんが倒しFKをゲット。

ペナルティエリアには近いですが、右サイドライン寄りの位置からで、
キッカーはエジル。ファーサイドよりに蹴ったボールを、
フンメルスがボレーで合わせてゴール!!

なんとか追いついて、前半終了。
後半も、ゴメスを投入して押し気味に試合を進め、
17分にまたもやエジルをロベカルさんが倒してしまいました。

なんと、前半でイエローもらっていて累積で退場されていきました。
さすがに、お隣でうなだれておられました。

前半と、ほぼ同じような位置ですがやや内側より。
エジルは交代していたので、キッカーはシュバインシュタイガー。
蹴ったボールは直接ネットを揺らし、逆転!!

結局そのまま、こちらが優勢に進めて、
チャンピオンズトロフィーを獲得できました!!

その後のジャパントロフィーの相手はミラクル・ブラウグラナ。

前半早々にフィーゴに得点され、巻き返しを図ろうとするも、
前半は、バラックを経由すると攻撃のスピードが落ちて、
そこを狙われて全てシャットアウトされていました。

後半は思い切ってバラックを交代。ミュラーを導入して、
早い展開に切り替えると、本日大活躍のゴメスさんのゴールを皮切りに反撃開始。
その後、シュバインシュタイガーのゴールもあり2-1で、またまた逆転勝利。

無事、タイトルをゲットできました。

交代に寄って、攻撃を活性化できたのも勝因の一つですが、
クライフの攻撃を再三にわたって止めた、
マルセル・シュメルツァーの活躍も印象的でした。

一発でシャットアウトもしていましたし、
抜かれても、後ろから取り返すこともしばしば。
この試合の影の功労者です!

これで、このチームはICCを残すのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です