2014年初蹴り(その1)

やっと初蹴りできました。

時間もあったので、がっつりまったり20クレ分蹴れました。
お昼過ぎにいつもの地元ゲーゼンに行ったのですが、
先客は2人ほどでした。

着席すると、
コンチネンタルが始まろうとしていたので、
ドイツ縛りで参加。

運良く一人旅。

入れ替えた、付録のWOMエジルと引いたWGKノイアーを試したのですが、
なかなかの働きをしてくれました。

エジルは、11-12EUSと変わらず良い動きで、
パスだけでなく、独力で点を穫ってくれます。

KPがスルーパス重視なんですが、
このチームは、スルーパスに反応するような前線ではないので、
今ひとつ恩恵は受けれなさそうです。

ノイアーは、KPの恩恵(GKロングフィード)は感じられませんでしたが、
何度かビックセーブを見せてくれました。
こちらも11-12EUSとさほど変わらない気がします。

彼らの活躍もあり、苦労せずにタイトル獲得。

ドイツ縛りコンチS

続くコンチネンタルスーパーは、若干苦労したものの、
クローゼとゴメスの両CFが仕事をしてくれてゲットできました。

ドイツ縛りコンチ

タイトル参加中に、オフェンスとパワーが震撼したので、
バラックのレアKPの大帝を発動できると思っていたら、
大きな勘違いで、オフェンスと奪取でした・・・

もうしばらくお預けです〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です