12月23日プレイ詳細。

22日に引き続きプレイできました♪
昼過ぎに行って、最初は私を含め2人しかいなかったのですが、
気づいたら満席になってました。

2,000円分、トータル18クレ蹴ってきました。

蹴り始めて、8クレ目でJTマエダ(2枚目)
14クレでJTハセベが着たので、もしや綺羅はないかと、
凹みかけていると、16クレ目で引きました。

綺羅の詳細は後ほど。

プレイの方ですが、リーグ戦ばっかりですが、
主に日本縛りアルゼンチン縛りを中心にプレイしました。

日本縛りは、個人能力の覚醒待ちが10人ほどいる状態でした。
バージョンアップ前は、FMをやると負けか引き分けが続き、
かなり煮え湯を飲んでました。

本日初戦のチャレンジマッチは負けてしまったのですが、
リーグ戦は、かなり調子よく5連勝。
だいぶ覚醒を消化できました。

しかも、うち3試合は7-0、5-1、5-0と大量得点。
バージョンアップ前のFMに負けまくっていた頃とは大違い。
このバージョンはCPUが弱体化したと聞きますが、
やはりそうなんですかね〜

大量得点が取れるようになったのは、
きっかけが無かった訳ではないです。

チャレンジマッチの次の試合前の練習で、
オフェンスが震撼したと、明らかに動きが変わった選手が数名。

●02-03LEカズ(覚醒済み)
02-03LEカズ
決定力は元々あったんですが、
ドリブルをしかけても止められることが多かったんですが、
キレがかなり良くなり、突破力が上がりました。
サイド、中央を問わずかなりの確率で抜いてくれます。

●10-11WSSカガワ(覚醒済み)
10-11WSSカガワ
明らかに肩を振って、フェイントをかけることが多くなりました。
これがほぼ100%くらい決まって、フリーの状態でシュートを打てたり、
マークを外してゴール前に飛び込む頻度も上がり、
得点力が一気に上がりました。

●01-02BEナカタ
ナカタ
前線での奪取が明らかに上がってました。
KPのインターセプト重視の影響かもしれませんが。
奪った後に自ら持ち上がっても、体幹の強さとテクニックで奪われる事無く、
自らペナルティーエリアに持ち込んでゴールを決めることもしばしば。
これまでは、パスを選択することが多く、
ボールを持ってもゴールが期待できなかったですが、
得点力も期待できるようになりました。

その他、ホンダやシュンスケも持ち味を発揮して、
控えのハーフナーやミヤイチも、後半から良い動きをみせるので、
前線の選手で得点を取ってしまうようになり、
両SBのナガトモやウチダのオーバーラップが見れなくなったのは、
個人的には少し残念な感じです。

あと、本日印象的だったののは、CKキックのクリアボールを、
走り込んできたハセベが綺麗なミドルシュートを決めたことです。
リアルでもあれが決まれば気持ちよいのですが〜

最後にアルゼンチン縛りのほうは、
30試合以下で、グラフもまだ大きくなっていない割には、
格上相手に負けない試合をしています。

ただ、CK安定しないのでちょっと考える必要がでてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です