12月19日プレイ詳細(その1)

この日は、前半9クレはバルサ縛りを回してました。

雨模様で、平日の朝一からのプレイということもあり、
地元ゲーセンは、よく見かける先客1名の状態。

とりあえず席についたら、KCCのタイミングだったので参戦。

先客が入ってくるかと思いきや、
リーグ戦をずっとやっているご様子で、結局一人旅。

前線のビジャ、セスク、メッシが、
圧巻のパフォーマンスを見せて得点を量産し、
守備もマスチェラーノ、プジョル、アビダルがきっちり仕事をして、
完封で、労せずにNSCも含めて獲得。
これで、タイトルはPSC/EPCに続いて4つ目。

その後、開幕2連勝で迎えたプレミアリーグを終わらせる為に、
ひたすらリーグ戦をこなし、2試合ほど0-0のドローがあったものの、
それ以外は大差で勝利して、プレミアリーグ優勝で締めくくりました。

今のところ安定して得点を生み出せる
フォーメンションは4-1-2-3です。

トップは、左から、ビジャ、セスク、メッシ順。
2列目は、イニエスタとシャビ。
ボランチに、マスチェラーノ。
DFラインは、左から、アビダル、プジョル、ピケ、アウベス。

攻撃のタスクは、2列目までの5人+アウベス。
守備のタスクは、残り4人で行っている感じです。

ドローになった2試合は、
コンディションの関係で、メンバーを入れ替えたり
若干フォーメションを変更したときに機能していない感じでした。

この日印象に残った選手の雑感ですが、

ビジャは、師弟で引き連れてきたので、
個人能力の星が5つの状態で、最初からハイパフォーマンス。
お気に入りの09-10SPSほど突破力は無いように個人的には感じるのですが、
それでも、得点力はさすがです。

セスクは、星が溜まってなくてもドリブルで抜きまくります。
現在星が4つで、最近はヘディングからのゴールも増えている気がします。
現在チーム得点王。

メッシは、星が3つあたりまではさほど目立った感じはしなかったのですが、
4つになってからは、好調以上の時はドリブルが止まりません。
クロスにもジャンピングボレーで合わせることも多くなり、
ペナルティーエリア内に入って放ったシュートは、この10試合全てゴールしてます。

シャビは、星が1つですが安定したパフォーマンスを発揮。
ボールロストやパスミスはほぼ無く、チャンスがあれば前線を追い越して、
ゴールを挙げるシーンもしばしば見受けられます。

イニエスタは、星2つ。
足にボールが吸い付くようなボールさばきを見せて、
相手を抜いて行くのは、気持ちよいのですが、
ゴール数はともかく、アシスト数が伸び悩んでいる感じです。
ちょっと空気化しているのが問題。

あとは、アビダルの守備がさすがですね。
CPU相手とは言えかなり鉄壁を誇っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です