トータルアシスト。

季節の変わり目のためか、
仕事の疲労が蓄積しているのか、
ちょっと体調不良の日々が続いている今日この頃です。

さて、本日は最近ドイツ縛りにて、
試しているトータルアシストについてです。

持ち主は、ミロスラフ・クローゼ(09-10GES)

09-10GRSクローゼ

10-11RE(EX)がお気に入りでいつも使っているのですが、
今回のチームは、オフェンスとパワーが震撼しているので、
せっかくなので、レアKPを試してみることにしました。

トータルアシストは、ポストプレイ重視の上位版なので、
KP指定時は、攻撃の意識が下がる訳ではないのですが、
味方を使う頻度が大きく増えます。

特にDFを背にしたときは、
玉離れが良すぎる位、フリーの味方目がけてパスをだします。

大帝発動時のバッラクのパスと違い、
連携線が太線以上なら味方に優しいパスをしてくれます。

後ろに控える、ミュラー、エジルに渡れば、
クローゼを追い越して、ペナルティエリア内に侵入して、
得点ってパターンが多かったです。

バラックに渡ったときは、またバラックからリターンを貰って、
ゴールってシーンもしばしば見られました。

もともとスタミナが少ないのもあるのですが、
DFを背負うプレイが頻発すると、あっという間にスタミナがなくなります。
なので、後半は交代が必ず必要になります。

カウンター時など自分で行けそうなときも、
周りに味方が走り込んでくるとパスをする傾向が強くなるので、
ケースバイケースで別のKPに切り替えた方が良さそうです。

今度は、マリオ・ゴメス(11-12EUS)のスエルテを試してみます〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です