2.0からでした。

12日(金)発売のフットボリスタの付録のMOPフェルナンジーニョを、日曜日にプレイしたときに、意気揚々と筐体から登録しようとするとエラーが出て登録できませんでした。

よくよく見ると、Ver2.0にならないと登録できないとピローが入ってるところに記載されていました。ちゃんと注意書きを読まないと駄目ですね。

週末から日曜日に掛けて、久々に連続プレイすることができました。

金曜日は、キャンペーンのことがあるので、つなぎで5クレ分のみ。土曜日は家族と出かける前の1時間でブースト使って20クレ分。そして日曜日はまとめて45クレ分蹴ってきました。

10日:21クレ/3口
11日:96クレ/16口
12日:5クレ/1口
13日:20クレ/4口
14日:45クレ/9口

トータル33口まで到達しました。前回は20口ちょいでなんとか当選したのですが、今回はどうですかね〜。

プレイのほうは、ベルギー縛りとちょっと前からやっているクライフのオランダ縛りを中心にプレイしてきました。

ベルギーは、16-17排出カードを何枚かゲットできたので、下記のメンバーを入れ替えました。

ケビン・デ・ブライネ16-17WOMに変更
ヤニック・カラスコ16-17SPに変更
アドナン・ヤヌザイディボック・オリジに変更
ニコラス・ロンバーツトーマス・ムニエに変更

デ・ブライネはKPがスルーパス重視からプレースキック重視に変わってますが、CKとFKの精度は大きくは変わらないようです。

あと、パワーが+1されている分、競り合いで強くなっているのかスタミナの減りが少しマシになった気がしました。

カラスコは、SSが付いたのとダイレクトプレイ重視にKPが変更になったので、交代要員としてより実用的になってくれました。

ヤヌザイは、基本後半から出場でしたが、得点に絡むことがなかったので退団してもらい、ベンテケの入れ替えとして、オリジを試してみることにしました。ベンテケと違いパワーはそれほど期待できないので、スピードを活かしてカウンター時に力を発揮してくれています。

ロンバーツは、特に悪いところはなかったのですが、前回のチームに続き出番がなさそうなんで、ムニエに変更することに。守備に関してはまだなんとも言えませんが、攻撃に関しては、周りと連動してチャンスを作る場面がちらほら。WBで起用したほうが良さそうな選手です。

オランダのほうは、B級&A級のタイトルを回しているところですが、50試合近くやっていますが、今とのろ失点0でクリーンシートの記録を伸ばし続けています。

メンバーなどは、また後日に紹介したいと思います。