15-16レアカード

先程、15-16の初蹴りから戻ってきました。

で、レアカードはどんな感じになっているかを確認したところ、
もう既に、リストがコンプリートされているのですね。

既出情報になりますが下記が一覧です。

——————–
KOLE リカルド・サモラ

HOLE ロベルト・バッジョ(フィオレンティーナ)                        
HOLE ロベルト・バッジョ(ユベントス)                        
HOLE ロベルト・バッジョ(ボローニャ)

SATLE マルコ・ファン・バステン

ATLE マルコ・マテラッツィ(イタリア代表)
ATLE パウル・ブライトナー(ドイツ代表)
ATLE ルート・フリット(チェルシー)
ATLE デメトリオ・アルベルティーニ(イタリア代表)
ATLE ギジェルモ・アモール(スペイン代表)
ATLE ブライアン・ラウドルップ(バイエルン)
ATLE ミカエル・ラウドルップ(バルセロナ)
ATLE パトリック・クライファート(バルセロナ)
ATLE フェルナンド・モリエンテス(スペイン代表)
ATLE フリオ・サリナス(スペイン代表)
ATLE マイケル・オーウェン(イングランド代表)

POY1 エデン・アザール
POY2 ズラタン・イブラヒモビッチ
POY3 アリエン・ロッベン
POY4 ポール・ポグバ
POY5 リオネル・メッシ

SPE01 STRIKER ジエゴ・コスタ
SPE02 STRIKER ロベルト・レバンドフスキ                           
SPE03 PENALTY KICKER サンティ・カソルラ
SPE04 PENALTY KICKER トーマス・ミュラー
SPE05 FREE KICKER ダビド・ルイス
SPE06 FREE KICKER ミラレム・ピアニッチ                   
SPE07 PASSER メスト・エジル
SPE08 PASSER トニ・クロース
SPE09 CROSSER アンヘル・ディ・マリア
SPE10 CROSSER ダニエウ・アウベス
SPE11 DEFENSIVE LEADER バンサン・コンパニ
SPE12 DEFENSIVE LEADER チアゴ・シウバ         
SPE13 SHOT STOPPER ジョー・ハート
SPE14 SHOT STOPPER マヌエル・ノイアー
SPE15 PENALTY STTOPER サミル・ハンダノビッチ
SPE16 PENALTY STTOPER ジャンルイジ・ブッフォン
SPE17 FIGHTER ジョン・テリー
SPE18 FIGHTER アルトゥーロ・ビダル
SPE19 SPEEDSTER ピエール=エメリク・オーバメヤン
SPE20 SPEEDSTER ギャレス・ベイル
SPE21 DRIBBLER アンドレス・イニエスタ
SPE22 DRIBBLER ネイマール

SOC01 アーロン・ラムジー
SOC02 アレクシス・サンチェス       
SOC03 ティボー・クルトワ
SOC04 セスク・ファブレガス
SOC05 フィリペ・コウチーニョ
SOC06 ジョーダン・ヘンダーソン
SOC07   ダビド・シルバ
SOC08 セルヒオ・アグエロ
SOC09 ニコラ・パロワ
SOC10 ニコラ・モーリス=ベレー 
SOC11 ハビエル・パストーレ
SOC12 マルコ・ベッラッティ
SOC13 マッツ・フンメルス
SOC14 マルコ・ロイス
SOC15 フィリップ・ラーム   
SOC16 シャビ・アロンソ
SOC17 ロマン・ノイシュテッター
SOC18 クラース・ヤン・フンテラール
SOC19 ナイジェル・デ・ヨング
SOC20 リッカルド・モントリーボ
SOC21 ダニエレ・デ・ロッシ
SOC22 フランチェスコ・トッティ
SOC23 フレディ・グアリン
SOC24 マウロ・イカルディ
SOC25 レオナルド・ボヌッチ
SOC26 クラウディオ・マルキジオ
SOC27 マレク・ハムシク       
SOC28 ゴンサロ・イグアイン
SOC29 コケ
SOC30 アントワーヌ・グリーズマン
SOC31 ルイス・スアレス
SOC32 ハビエル・マスチェラーノ
SOC33 ハメス・ロドリゲス
SOC34 クリスティアーノ・ロナウド
SOC35 ハビ・フエゴ
SOC36 ダニエル・パレホ
SOC37 マリオ・ガスパール
SOC38 ブルーノ・ソリアーノ

RGS1 アダム・ララーナ
RGS2    カルロス・バッカ

YGS1 ラヒーム・スターリング
YGS2 ファン・ベルナト

楽しめました。

14-15OE終盤は、
仕事や体調不良で中々プレイできずでした、
不完全燃焼で終わりそうでした。

が、1月に入ってからかなりまとめてプレイ出来たので、
最終的には、やりきった感じはありますね。

MVPを始め概ね欲しかったカードはゲットできたし、
プレイ回数も結構多かったと思うので、
全体としては満足のいくバージョンでしたね。

ちなみに、最終日の釣果は、
いつものセガに移動して、10クレ目で、

13-14ATLEマイケル・オーウェン
(C)SEGA

ATLE マイケル・オーウェン

でした。

ダブりですが、ラストが金枠でだったのは、
15-16に向けて良い締めくくりになったのではと。

明日は、朝一から蹴りに行く予定です!

5戦4勝1敗。

蹴り納めの目的その3。
S級タイトルを獲得すること。

最終日で、プレイ人数も少ないかと思い、
あわよくば、CPU戦を狙えるかもと考えましたが、
対人の対策も自分なりに用意してみました。

対策と言っても大したものではなく、
スペトロで動きが良かったKPを試してみようと。

普段はオプション的に使っていた、
ロングパス重視ですが、常時指定すると、
得点力がかなり上がりました。

連携のつながり具合に左右されるかもしれませんが、
前線にフリーになる可能性のある選手がいるときは、
ロングパスを選択。

いない場合は、方向キーにしたがって、
ショートパスをつなぎならが攻撃を展開する、
イメージです。

たまたまかもしれないのですが、
複数のチームで効果が現れたので、
試す価値があるのではと。

で、この日は、
5チームでS級タイトルに挑戦。

●レアル縛り:U-5R
タイトル:ジャパントロフィー
攻撃KP:ロングパス重視
対戦相手:対人
対戦チーム:U-5
結果:5-0(勝)

対戦相手が日本代表縛りだったこともあり、
ペナルティエリア前で、前線の選手がフリーで、
ロングパスを受けるケースが多数。

主にカカ(09-10SP)がメインでパスの受け手に。
トラップ後にDFの裏にボールを落とし、
Cロナ及びベイルに配球してゴールを量産。

●リバプールユニ縛り:U-5
タイトル:インターナショナルクラブチャンピオンシップ
攻撃KP:ロングパス重視
対戦相手:CPU
対戦チーム:ゾンネ・グランツ
結果:5-0(勝)

対CPUなので、ペナルティエリア付近では、
やりたい放題、このチームは主にスアレス(10-11SP)が、
受け手になり、トーレスなどにパスを配球。

●ポルトユニ縛り:U-5
タイトル:ジャパントロフィー
攻撃KP:アーリークロス重視
対戦相手:対人
対戦チーム:U-5R
結果:0-3(敗)

対戦相手は、このバージョンの典型的な
テンプレートメンバーで構成されたチーム。

ロングパス重視が無いチームでしたが、
あったとしても受け手がいないので
機能しなかったと思います。

●アルゼンチン縛り:U-5
タイトル:インターナショナルクラブチャンピオンシップ
攻撃KP:ロングパス重視/ラインブレイク
対戦相手:対人
対戦チーム:U-5R
結果:1-0(勝)

こちらもテンプレメンバーに近い構成。

主に右サイドから攻撃してきたのですが、
ガーゴ(06-07RE)が攻守に渡り大活躍。
ボール奪取後に前線にロングパスを供給。

前半早々にログンパスを受けたアグエロが、
右サイドを駆け上がり、クロスから、
テベスが中央でボレーシュート。

これが決勝点となり勝利。
ちなみに後半は、ガーゴを下げたので、
KPは主にラインブレクに変更。

動きが変わってそこからは追加点は取れませんでした。

●バルセロナユニ縛り:U-5R
タイトル:ジャパントロフィー
攻撃KP:ロングパス重視
対戦相手:対人
対戦チーム:U-5R
結果:2-1(勝)

こちらもほぼテンプレ。
前半20分にBMFアザールからのクロスを、
MVPAのCロナに決められ、早々に失点。

その後も攻め込まれるケースが多かったので、
ボール奪取は主にDFライン。

そこからロングパスを、
ニースケンスやスアレス(13-14SP)に配球。

スアレスはSPながらも、屈強なテンプレDFを、
翻弄しつつエリア内に侵入して、同点弾を叩き込み、
その後も、幾度も相手ゴールを脅かしてました。

ニースケンスはさすがです。
後半も全く運動量が落ちず、前線奪取を繰り返し、
相手のチャンスを潰し、こちらのチャンスに変え、

最終的にスアレスとワンツーから、
ゴール前に侵入して逆転ゴールを叩き込みました。

トータルS級タイトル5戦を行って、4勝1敗。
たまたまかもしれませんが、勝利したのは、
すべてロングパスを使用したチーム。

次のバージョンでは動きが変わってしまうので、
アテにはできないと思いますが、
継続して試してみようと思います。