キラークロス再び。

というわけで、
ブラジル代表縛りで、
レアKPのキラークロスを試してみました。

キラークロス
(C)SEGA

12-13でも試してみたのですが、
クロス自体をあまり上げてくれなかったので、
あまり威力を発揮出来ませんでした。

12-13では、クロスを上げやすいように、
フォーメーションなどを色々模索しましたが、
13-14では、オーソドックスな4-2-1-3で、
サイドを点灯させて置けば、
バンバンクロスを上げてくれます。

ブラジル代表縛りフォーメーション
(C)SEGA

そして、今のバージョンは、
クロスからのダイレクトが決めやすいので、
ネイマールやフレッジが得点を量産中です。

このチームの主なクロスの供給源は、
右はアウベス、フッキ、
左はマルセロ、ネイマールと言った感じです。

クロス重視でもなるのかもしれないのですが、
サイドで使うと玉離れの悪いフッキも、
良いタイミングでクロスを上げるようになりました。

キラークロスの所持者の10-11WSBアウベスは、
言うまでもなく多彩かつ正確なクロスを上げますが、
12-13SPネイマールも中々良いクロスを上げてくれます。

フィニッシュは基本的に中央にいるフレッジ。
あと左右のネイマール、フッキも、
逆サイドからダイレクトボレーをバンバンかましてます。

キラークロスだけで、試合を決めるのは難しいかもですが、
12-13よりはかなり使えるようになった気がします。

ちなみに、マルセロを10-11WBEにしているのは、
ワイドブラスターもついでに試してみる為です。

ミドルシュート重視のレアKPですが、
こちらは、今のところあまり効果を感じませんでした。