前途多難。

ベルギー縛りの船出は前途多難でした。

オファーを受けずに始めて、
1stディビジョンからスタートにしました。

初戦は、5-1と幸先良でした。

ベルギー縛り初戦
(C)SEGA

その後、試合を重ねるごとに、
ハイセヘムスやアザールを中心になんとか得点を重ねるも、
失点が同じくらい多いんです。

コンパニ&ベルメーレンは、
星が付くまで、守備がかなり荒いですね。

シモンズさんが孤軍奮闘して、
アンカーの位置で、フィルターをかけて、
DFラインをフォローしている感じです。

ベルギー縛り履歴
(C)SEGA

というわけで、4試合目まで、毎回失点。
5試合目で失点はしないものの、練習の疲れが出て早くもドロー。
休養後、持ち直して1stディビジョンは優勝。

が、レギューラリーグに上がって、
レアルの洗礼を受けていきなり黒星発進。

その後は、守備が安定してきたものの、
攻撃力が無いというか、攻撃の選択肢がほとんどないので、
点をもぎ取るのに一苦労と言った感じになっています。

とりあえず、攻撃の大黒柱はハイセヘムスさん。

OFF13の割には、エリア内ではしっかりシュートを決めます。
かなりヒョロヒョロシュートですが。

あと、スピードが無のですが、上手くDFと入れ替わり、
フリーでボールを受けることが多いです。
1人くらいならDFも交わせます。

ハイセヘムスさんがへばった後の、
ミララスは、SS持ちなのでそれなりに計算できます。
プレイエリアはサイド寄りですが、CFでも行けます。

ただ、モチベーションが、
今のところ安定しないのが、懸念材料です。

デンベレも期待したのですが、
ダイレクトプレイ重視とかにしていないと、
とりあえずボール持ち過ぎます。

取られないのが凄いのですが、
無駄に囲まれて、意味の無いクロスを上げたりします。

ビツェルは、そこそこ奪取してくれて、
ダイレクトプレイとパスは良い感じです。

ドリブルも良くて、しばしばカウンターから、
中央突破もしてくれるのですが、シュート精度が、
かなり悪くフリーでも外しまくります。

アザールは光るものがあるのですが、
まだまだ真価を発揮できていない感じです。

というわけで、
もう一度言いますが、前途多難です。

次のバージョンのBESは、コンパニがBES2なので、
BES1はクルトワ辺りになりそうですよね。
残り2枚のうち1つはアザールだと思います。

最後の1枚で攻撃的な選手を期待!!
できれば、CFが欲しいところです。