最初のミラン縛り。

久々に過去の運営チームの紹介です。

今回は、1枚目ICの続動物連携改のミラーチームとして作成した、
2枚目ICの2代目チームである、ミランユニ縛りのU-5チームです。
2012年5月〜9月くらいにかけて運営していました。

当時、時間がなくて1プレイしかできないときに引き当てた、
10-11WCFズラタン・イブラヒモビッチを起用したいと思っていたら、
カカ&ロビーニョが師弟としてついてきてくれました。

というわけで、バレンシアユニ縛りに続きミランもユニ縛りでいくことに。

ただ、U-5で組もうとすると10-11から始めたので、
白カードがあまり無かったので、綺羅も含めて色々補強することに。

●スタメン
GK クリスティアン・アビアーティ(10-11RE)
LSB ルカ・アントニーニ(10-11RE)
CB パオロ・マルディーニ(01-02E)
CB アレッサンドロ・ネスタ(04-05WDF)
RSB ジャンルカ・ザンブロッタ(10-11RE)
DMF マシュー・フラミニ(09-10RE)
CMF マッシモ・アンブロジーニ(02-03REver2)
CMF アンドレア・ピルロ(06-07WMF)
OMF カカ(07-08WMVP)
WG ロビーニョ(10-11RE)
CF ズラタン・イブラヒモビッチ(10-11WCF)

●サブ
CB ダニエレ・ボネーラ(07-08RE)
CB カハ・カラーゼ(08-09RE)
OMF ケビン・プリンス・ボアテング(10-11RE)
CF パト(07-08RE)
CF アンドリー・シェフチェンコ(08-09RE)

メンバーの選出は、カカ、ロビーニョ以外は、
ほぼ初起用の方々だったので、ネットの使用感を参考にしたのと、
お手頃な費用で購入できそうな面々で構成しました。

プレイし始めの印象は、イケメンが多い(笑)でした。
イブラ、ピルロ、ネスタ、マルディーニなど、
女子だったらビジュアルで楽しめたかと。

序盤、イブラが思っていたよりも、
もっさりした印象で、使い辛かったのですが、
個人能力が溜まるに従って、圧倒的な得点力を見せてくれました。

カカ、ロビーニョは計算通りだったのと、
ピルロのCKやFKもあったりと、攻撃面は安定していました。

守備面では、フラミニの奪取力や、
ネスタ、マルディーニ、ザンブロッタなどのDF陣が、
安定した守備を見せてくれました。

あと、アントニーニが期待以上に、
良い守備をしてくたのが印象に残っています。

残念だったのは、ボアテング。
最初はスタメンで使っていたのですが、守備面ではほぼ空気で、
奪取したと思ったら、パスが不安定で相手に渡る始末。

たまに、キレキレになることがあって、
そのときは攻守に渡って、獅子奮迅の活躍を見せてくれたのですが、
パフォーマンスの見極めが難しくて起用し辛かったです。

チームとしては、最終的には全冠は達成したので、
当時としては、そこそこ満足の出来る内容だったと思います。