13-14のレアカード。

公式Facebookに13-14の綺羅カードの情報や、
ロケテの情報等がでてました。

いよいよ13-14の稼働が迫って来た感じがします。
システム面で、色々変更や追加があって、
期待と不安が半々って感じですが楽しみですね♪

特に、レアカードのラインナップと、
代表チームの追加情報を見て、
ちょっとテンションが上がりました。

やはり先の世界大会を反映したラインナップになってますね。
個人的には、フランス代表とドイツ代表が追加されるのは、
うれしい限りです〜。特にドイツ。

まあ代表メンバーは、ほぼ通常排出されているので、
能力が若干変わるくらいなんでしょうが。

レアカードのラインナップですが、
BAN・RGS・YGSと、ポジション別ではなくて、
国別のカテゴリになるみたいですね。

今バージョンのITS・ARS・BRS・SPSの4ヶ国に加えて、
EUS・GES・DUS・FRS・POS・BES・URSの7ヶ国が追加されて、
トータル11ヶ国になるようです。

各カテゴリ、カードのナンバリングを見る限り、
4枚ずつは出るみたいなので、
14カテゴリで、56枚でることになりますね。

12-13では、BAN・RGS・YGSに加えてポジションで別で、
WGK・WCB・WSB・WDM・WCM・WOM・WSA・WSS・WCFの
9つで、合計12カテゴリの48枚でした。

最初にでる枚数は、8枚ほど多いことになります。

にしても、ウルグアイとベルギーが出るのはうれしいですね。
ウルグアイは、フォルランは微妙ですが、
カバーニ&スアレスは濃厚なんじゃないですかね〜

ベルギーは、決定しているコンパニに加えて濃厚なアザール。
あとは、ルカク、デ・ブルイネ、ヤヌザイ、ヴィツェルとか、
色々候補があって、誰が選ばれるか楽しみです。

既に排出が決定している中でも、
何枚か是非ともゲットしたいカードがあります。

まず、GESフンメルス。写真&デザインも良いですし、
DEFが20になり、微増ですがSPEも13になってます。
トータル値は91と過去最高値です。

できれば、KPをディフェンス系にしてほしいところです。

つぎは、ベタですがARSメッシ。

トータル値が97で12-13とは違い、
OFF・TEC・SPEが20なのが良いですね。
たぶんキャプテンシー持ちでしょうし。

トータル値がMVPに劣るのは良いですが、
DEFを増やさず、POWかSTAに振ってほしかったですね。

代表ユニで出てますが、そうなると追加で期待される
代表ユニMVPメッシにはならないのですかね〜

最後は、クリスティアーノ・ロナウド。
能力値てきにも、OFFとSPEが20と、
WMVP・10-11WSAと同じく2ヶ所が満点と良い感じです。

こうなると、MVPは自身初のTECが20でメッシと同じく、
3箇所満点になる可能性がありますね。
そうなると、MVPもゲットしたいですね〜

最初と最後。

水曜日にミラン縛りでICCを蹴っている時のことです。

Ver2の追加カードは、色々でるのですが、
なんとなく綺羅を引けずに終わるパターンだと思っていました。

ICCの決勝後、無事優勝出来たことにほっとして、
ピローを開封すると、ATLEの文字が!

いやー今日はカードもついているな〜
ダブりでもいいやと思い、全部開けると、

12-13ATLEジェラルド・ファネンブルグ
(C)SEGA

ATLE ジェラルド・ファネンブルグ

なんと未所持でした!!
使うかどうかは別として、未所持ということで十分です♪

ちなみに、オフト監督に誘われて、
ジュビロ磐田に1993年〜1996年まで、在籍していたんですね。

その後、時間もなくなってきたので、
レギュラーリーグに切り替えて、次に排出されたカードを見ると、
「新パックになります」という目印がついたピローが。

最後が綺羅やったんや、
と思いつつ、そのピローを開けると、

12-13WOSジョエル・マティプ
(C)SEGA

WOS ジョエル・マティプ

なんと、これまた未所持の綺羅をゲット。
こちらも使う予定はないですが、
未所持でラッキーでした。

タイトルに恵まれたときは、
大概、釣果はダメダメなことが多いのですが、
今回は珍しくカードの引きにも恵まれました♪

ほんと無理にでも時間を作って行った甲斐がありました。

ミランもようやく終了。

水曜日は、オフだったので、
区役所やら税務署に諸々の書類を取りに行った後は、
まったりと蹴りにでも行くつもりでした。

が、朝一から奥様に買い物を頼まれたり、
印鑑を忘れて、税務署まで往復したりと、
予定外に時間を使ってしまいました。

しかも、加えて夕方から仕事が入ったので、
予定を組み直すと、蹴れる時間がかなり短くなることに。。。

一瞬、行くのを辞めようかと思ったんですが、
なんとか1時間半くらいはとれそうだったので、
用事を済ませていつものセガへ。

昼過ぎに行ったのですが、無人でした。

とりあえず、プレイを始めたのですが、
タイトルのスケジュールを確認すると、
ICCがやってくるサイクルでした。

無理して来た甲斐がありました!

というわけで全冠まで、
ICCのみになったミラン縛りにチームを代えて、
参戦することに。

予選は、
オランニェ・エルフタル  4-0 
キング・マドリード 3-1
FCインテル・ミラノ  2-0

と、インテルには若干苦労しましたが、安定して勝利。

準決勝は、FCバルセロナ相手に、
前半開始早々に、カカが押し込んだ1点で、
後は守りきり1-0と辛勝。

決勝は、再びインテルが相手。

立ち上がりは攻めきれなかったんですが、
前半終了間際に、シェバのゴールでペースを掴むと、
カカ、イブラがゴールを決め3-0で勝利。

 カカとエルシャーラウィ
(C)SEGA

終了後、今回はカカとエル・シャーラウィが、
テンションMAXで手を挙げて、勝利を喜んでました。

ミラン縛りICC獲得
(C)SEGA

12-13バージョンに入ってから、
7番目のチームとして運営を始めたのですが、
蹴る優先順位があとのほうだったので、やっと全冠。

師弟になるメンツに寄りますが、
思っているメンツでなければ、ベルギー縛りにする予定です。