ジェローム・ボアテング(バラックチーム)

シュメルツァーに続き、ジェローム・ボアテングです。

使用期間は、
11-12ver2〜12-13ver2の稼働後くらいまで。
試合数は150試合。

ポジションは右SBと右CB。

バラックチーム-ボアテング
(C)SEGA

使用バージョンは、序盤は11-12REで、
12-13では、12-13SPです。

チーム結成当時は、主に右SBを任せていました。

積極的なフォアチェックで、がんがん体を当てて、
とにかく相手を止めてくれるので、頼りになりました。

ただ、SBで起用していると、
動きにムラがあって、個人能力が溜まるまでは、
大事なところで、カードをもらうことが多々ありました。

タイトル戦の決勝とか、対人戦とか、
一人減ると絶対困るって場面でレッド貰ってました。

そのため、一時期は控えに甘んじてました。

が、個人能力が3つくらいになると、
ムラがなくなり、ファールが激減。
守備的なSBとしては十分すぎる働きをしてくれました。

攻撃面では、たまにサイドを攻め上がることがありますが、
せっかくクロスまで持っていっても、あまり質が良くなく、
得点に繋がるケースはほぼありませんでした。

12-13SPをゲットしてからは、主にCBを任せていました。

フォアチェックタイプなんですが、
かなり守備範囲が広く、相手のサイド突破を未然に防ぎ、
ボランチの位置まで顔を出して、カバーしてくれます。

そのため、12-13に入ってからはCPU相手であれば、
彼がほぼ1人で相手の攻撃を食い止めているくらいの
印象を受けるほど、獅子奮迅の守備を見せていました。

カウンターを受けても、数値以上のスピードで引き返し、
止めてくれる場面も多々ありました。

ビルドアップに関しては、展開が早い訳ではないですが、
パワーで押し切り、無難にパスを選択することが多かったです。

攻撃面でのスピード感は無いですが、
守備時は動き回る為か、数値以上のスピードを感じました。
スピードが覚醒したので余計そう感じたのかもしれませんが。

あと、地上戦はかなり頼りになりますが、
空中戦はちょっと苦手なようです。