前が良いみたい。

先日、蹴りに行った時に、
日本縛りを中心に蹴ってきたのですが、
白ナガトモの使いどころがなんとなく解ってきました。

本来のSBで使うと、
まったく数値を活かせずに、
単なる空気に成り下がってしまいます。

せっかく引いたのでどうにか、
活躍させたいと、色々試行錯誤していたのですが、
やっと、活躍できる場が見つかりました。

ナガトモの位置

ハーフラインより前のサイド。
ここで、輝きを見せ始めました。

DF認識だと、さして奪取力を感じないのですが、
MF認識される位置だと、やたらと奪取してくれるようになります。

根本的な守備力が上がった訳ではないのですが、
推測するに、ボールを奪取する相手がこの場所だとDFが多いので、
自身のDEFが低くても、相手のOFFが低くなるので取りやすいのではと。

そして、ボール奪取後はサイドドリブルで突破して、
クロスを上げたり、そのまま中に切り込んで、
フリーの状態まで持ち込めば、結構な確率でゴールを決めてくれます。

この位置で15試合ほど使いましたが、
8ゴール2アシストを記録しました。

ちなみに、ハットトリックを達成したこともありました。

ナガトモのハットトリック
(C)SEGA

得点パターンのほとんどは、単独突破からのフリーでのシュートです。
以外と角度の無いところからも決めてくれます。
一度だけ、CK時にヘッドでゴールを決めています。

左で起用したことが多かったですが、
何度か右でも試しましたが、遜色の内動きでした。

試合中にカード移動で、
相手の手薄な方に、ナガトモを移動させることで、
手数を増やせて、ホンダやカガワの攻撃を更に活性化させることもできました。

クロスは山なりのものが多く、あまり得点には結びつきませんでした。
基本的にカットインさせて、突っ込ませた方が、
得点チャンスになります。

特に積極的に得点を狙いに行くときは、
KPのオーバーラップを指定していすると、
がんがん追い越してくれるので、チャンスが広がります。

さらに使いこなせるように、もう少し研究してみようと思います。