アギーレジャパンの初戦。

足の負傷はほぼ完治しました。
が、昨日から頭痛と39前後の高熱に悩まされております。

医者には、あえて言うなら風邪と言われました。
流行の流行性のものではないようです。

頭痛は多分、仕事柄視神経の使い過ぎではないかと。
熱の方は、捻挫後に体に無理がかかったのではないかと。

というのも、しっかりテーピングで固定されているので、
足首は保護されるのですが、歩いたり動いたりしたりする時は、
無理な体制になったりバランスを崩したりするんですよね。

仕事だけなら、体力仕事はないので影響はなかったと思います。

育児や家事を一緒にやっているので、
お母さんや奥さんやっている仕事ってほんと体にきますからね。

早く、色々全快したいものです。

さて、アギーレジャパンの試合ですが、

前半27分からになりますが、なんとかチェックしました。

そのため、スタメンやフォーメーションは、
観戦しながら確認。4-3-3だったみたいですね。

メンバー的には新鮮な感じがありましたが、
如何せん連携がとれていないのはしかたないでしょう。

WCCF的に言うと、師弟になった、
本田や長友やら川島以外は、薄線すら付いていない、
状態の立ち上げたてのチームって感じですね。

なので、攻守にわたって持ち場にはいるけど、
周りのフォローがすくなかったのではないかなと。

で、後半のラスト以外は枚数が足りなくて
攻めあぐねた感じでしたし。

一方、ウルグアイは途中から前回の大きな大会に出場経験の
あるメンバーで固めた時間帯があったそうです。
太線や黄金線が付きまくり状態ですね。

前半の失点のルーズボールを見逃さずに、
ゲットするところは、流石のカバーにです。

後半の失点も、ウルグアイが攻めどころとみると、
一気に攻撃の人数をかけて畳み込む感じは圧巻でした。

まあ、テストマッチだと思うので、
これから徐々にアギーレ色を見れた良いですね〜
期待して待ってます〜

あ、素人なんで決して上から目線ではないですよ。