ジダン様。

ロマーリオで遊んでいると、スケジュールにICCの表示を発見。

なぜかICCでは惨敗続きレアルはやめて、
バルサのほうががもう直き任期終了なので、
2度目のエントリーをかけて参戦することに。

他にもプレイしている方がいましたが、結局一人旅。

初戦のキング・マドリード戦は、かなり手を焼きました。
支配率で言うと、36対64。。。

原因は、ジダン様。

いやー、なかなか止められません。。。
動きが良くなったと噂に聞いてたんですが、
ほんと良いですね〜

そのジダン様からのスルーをレトンドさんに、
決められ先制点を許してしまいました。

あとイルクナー。

こちらの得点のチャンスを
驚異的なセービングでことごく、シャットアウト。

これは決まったと思った、
MVPメッシの至近距離からの弾丸シュートを、
幾度もパンチングで弾き飛ばしてました。

ディフェンスラインは突破しても、
最後の壁が中々やぶれず。

後半に、ビジャのGKの裏をつくクロスを
メッシが頭で決めてゴールを決めて、なんとかドローで終了しました。

その後の試合は、
攻守ともにしっかり機能して、
決勝を含めて危なげない試合展開。

予選:ライジングサン・スターズ 3-0
予選:FCエウローペー12 4-0
準決勝:FCバイエルンミュンヘン 2-0
決勝:オランニェ・エルフタル 3-0

と、無事ICCをゲットしました。

とくに、
セスク、イニエスタ、シャビの3人が息のあったコンビネーションで、
相手DFを崩す様は見ていて楽しかったです〜