続動物連携チーム改。

プレイバックシリーズです。

続動物連携チームを引き継ぎ、4任期目のチームになります。

師弟は、Cロナ、カカ、サビオラ。
都合の良いメンツがお供になりました。

そもそもアルベルダとカニサレスに、
綺羅枠を裂くくらいなら、別の優良白にして、
前線&CBに綺羅枠を一人ずつ裂いたほうが懸命だったんでしょうね。

が、前回のチームがもう一歩で全冠までいったのと、
二人には妙な愛着があったので、彼らは残しつつ、
別の部分をいろいろ補強。

●スタメン

GK ホセ・サンティアゴ・カニサレス・ルイス(05-06SP)
LSB アレクシス・ルアーノ(09-10RE)
CB マルティン・デミチェリス(08-09RE)
CB ラウール・アルビオル(07-08RE)
RSB セルヒオ・ラモス(08-09WBE)
DMF ダビド・アルベルダ(06-07SP)
CMF ルーベン・バラハ(07-08RE)
CMF フェルナンド・メネガッソ(09-10RE)
OMF ルベン・デ・ラ・レ(08-09RE-EX)
CF カカ(07-08WMVP)
CF クリスティアーノ・ロナウド(10-11WSA)

●サブ
CF ハビエル・サビオラ(06-07RE)
WG ロビーニョ(10-11RE)
OMF ジュリオ・バチスタ(07-08RE)
CMF ガブリ(06-07RE)
CB ニコラス・ブルディソ(10-11RE)

マンシーニは、
サイドの突破やチャンスメイクは申し分なかったのですが、
ここぞというときの決定力がなくて苦労したので、OUT。

あと、ルーカスはかなりお気に入りだったのですが、
S級タイトルになると何故かファールトラブルが多かったんですよね。
で、こちらもOUT。

そこで、MFを二人補強することに。

まずは高額な移籍金を払って、
気になっていた、デ・ラ・レを補強。
この時点で、もっともお金をかけた補強でした。

ただ、金額に見合うだけの動きはしてくれました。
トップ下では微妙でしたが、守備力やパスの精度も良く、
中盤の要になってくれました。

また意外にも決定力も備わっていたので、
満足のいく補強になりました。

あとはバラハが、攻守に渡り非常に良い動きをしてくれるのですが、
いかんせんスタミナ不足で、ラストまでフル活動するのは、
無理だったので交代要員としてガブリを抜擢。

マンシーニが抜けて、ムービングパスワークがなくなったのも、
彼を選んだ選択の一つです。

こちらの補強も中々良くて、
バラハと交代で入ることで、中盤の支配力を、
試合終了まで維持できるようになりました。

あと、DFを微妙に強化。
使用感などを見ていると、デミチェリスが良さげだったので補強。

SBにルアーノ持ってきて、
お隣にデミチェリスを配置することで、
左サイドがだいぶまともになりました。

最後にカカをWMVPに変更。

当時はやっていたフィールド支配を使ってみたかったのと、
WMVPとEMVPを合わせて、2,000円ぽっきりで購入できたので、
ついつい勢いで補強。

ちなみに、当時デ・ラ・レさんは、2.5倍くらいしましたからね〜

そして、ここまで色々試行錯誤をくりかえし、
4任期目にしてやっと全冠獲れました。

時期的に言うと、10-11の2.0のバージョンアップ前くらいだったので、
WCCFを始めて、4ヶ月弱くらいでしょうか。

当時は、メインのこのチームとテストのサブチームしかなかったのと、
1ヶ月足らずで、ICを終了させるぐらいのペースでやっていたんですよね。

今思えばかなりやり込んでましたね〜