続動物連携チーム。

勝手にプレイバックシリーズ。
動物連携チームをさらに補強した3任期目のチームです。

引き続きADFJ縛り。
師弟は、カカ&サビオラ&カンビアッソだったはず。

主に白黒ですが、色々補強を施しました。
で、メンバーは以下の感じ。

フォーメーションは、中盤ダイアモンド型の4−4−2。

●スタメン
GK ホセ・サンティアゴ・カニサレス・ルイス(05-06SP)
LSB マルセロ(08-09RE)
CB アレクシス・ルアーノ(09-10RE)
CB ラウール・アルビオル(07-08RE)
RSB セルヒオ・ラモス(08-09WBE)
DMF ダビド・アルベルダ(06-07SP)
DMF ルーベン・バラハ(07-08RE)
OMF ジュリオ・バチスタ(07-08RE)
OMF マンシーニ(05-06RE)
CF カカ(09-10BRS)
CF クリスティアーノ・ロナウド(10-11WSA)

●サブ
CF ハビエル・サビオラ(06-07RE)
WG ロビーニョ(10-11RE)
CMF ルーカス(09-10RE)
DMF エステバン・カンビアッソ(04-05RE)
CB ニコラス・ブルディソ(10-11RE)

課題だったカンビアッソの上がり過ぎを考慮して、
代わりを考えていたのですが、師弟になったので、
カンビアッソはちょっとお高かった白を購入。

アンカーには、ダビド・アルベルダを起用。
確か当時はアンチファンタジスタ持ちだったような気がします。

奪取力に加えて、パスの精度も良く、展開力もあり、
上がりすぎず攻撃の起点になってくれるので、
かなりお気に入りの選手になりました。

アウベスに替えて、セルヒオ・ラモス (08-09WBE)を購入。
思っていたよりも安く手に入った記憶があります。

Cロナとは不連携でしたが、
そこは、守備力強化ということで目をつぶりました。

あと補強組が中々活躍してくれました。

バラハはスタミナに難がありましたが、
アルベルダ同様に、奪取力と持ち上がり後の動き、
パスもそこそこうまく攻守に渡り大活躍。

ドルトムントのSベンダーみたいな印象です。

マンシーニは、ロビーニョのスタミナを考えて、
サイドアタッカーのサブとして考えていたのですが、
総合力&KPムービングパスワーク持ちでスタメンに。

ジュリオ・バチスタは、トータル値と、
裏面のポジションを見てトップ下候補。

パスは微妙でしたが、個人が育つとパワーを活かしたプレイで、
前線で奪取したり、強引にDFラインをこじ開けたりと、
攻撃の起点になってくれました。

サビオラは、
バルサのものが安く手に入ったので、
何気に交換しました。

SS発動+ラインブレイクは中々凄まじかったです。

結構手応えのあるチームだったのですが、
たしかICCが取れずで結局全冠に至らなかったですよね〜
ここぞと言う時に、ファールトラブルがあったりとかで。

ちなみに、このチームは途中から
全く同じメンバーのサブチームを作りました。

次のチームへ向けての改善点や、
効果的な育成方法を見つける為です。

ロベカル降格。

レアル縛りで使用中のATLEロベルト・カルロスですが、
諸事情により、06-07SPに変更することにしました。

 06-07SPロベカル

個人も覚醒リーチの状態になっているので、
懸念していた守備面も、だいぶましにはなってきたのですが、
それでも簡単に抜かれ過ぎることがあります。

また、攻撃面でもセンターラインより前の、
ポジションで起用すれば、得点に絡むことも
しばしばあるのですが、前線のタレントが豊富すぎて、
出番が中々回ってきません。

そして、一番の楽しみにしていたFKも、
機会はそこそこあるのですが、
超距離以外の精度はあまり良くないようです。

なので、キッカーはCロナに変更。
レアリティーもSPに降格と相成りました。

しかしこの変更がかなり良く、
すごく守備してくれるようになりました。

ものすごく奪取力があるわけではありませんが、
持ち前のスピードで食らいついて、
結構しつこくマークしてくれます。

奪い切れなくても、味方と挟撃することで、
かなりの確率で奪取できます。

また、カバーリングの意識も高いようです。
セルヒオ・ラモス(12-13WCB)が良く上がる人なんですが、
その後方をしっかりケアしていました。

攻撃面でも、ATLEほどではありませんが、
スピードを活かしたドリブルでサイドを突き破り、
クロスを上げてチャンスを作ってくれました。

ただ、攻撃面ではやはりATLEに軍配があがりますね。

ちなみに余った綺羅ひと枠は、
現在はシャビ・アロンソ(10-11WDM)にしていますが、
新カードのWOSモドリッチが引ければ、そちらに変更する予定です。

エンジェルウィング。

今日も近所のラウンドワンでさくっとプレイ。

出がけに、ゴミ捨てるのをわすれていたので、
取りにもどり、かつ小雨の振る中出発しました。

幸先の悪い出だしです。

着いたら、やはり1,000円10クレ効果なのか先客が2名。

空いているサテに座って、プレイを始めようとすると、
100円玉を入れても3~5回に1回しか認識しない事態が発生!!

幸い、急ぎ狙うタイトルもなく、
根気よく、入れ続けてなんとか1,000円投入。

もう既に綺羅はあきらめました。

ICCもなさそうなので、
覚醒待ちのチームをひたすら育成。

そんな中、レアルでプレイしていると、
オフェンスに続き、支配が震撼したので、
ディ・マリア(10-11SP)の「エンジェルウィング」を試してみることに。

10-11SPディ・マリア

主に右サイドを中心に、
右OMFやトップ下で試してみたのですが、
なんと空気なんです。。。

連携は繋がりまくっているのに、
全然彼にボールが集まらないんです。

ボールが渡っても、目を見張るような、
チャンスメイクもなく普通に周りの味方にはたくだけ。

PA内で、どフリーでシュート打っても、
へなちょこシュートになったり。

個人&特殊が覚醒しているのに、かなりの体たらく。

あらあらと思い、今まで使っていた、
スルーパス重視の12-13SPに戻すと、

12-13SPディ・マリア

ボールは集まるし、DFの裏をつく絶妙のスルーや、
サイドからカットインで華麗なフェイントでDFラインを抜き去り、
そのまま得点を上げたりと、明らかに動きが良いんですよね〜

TECは下がっているものの、
OFFとSPEがそれぞれ上がっている部分の差が
でているのかもしれません。

せっかくなんで、
もう少しエンジェルウィングが試してみますが、
たぶん、今後使うことは無さそうですね。

使うなら、12-13になると思います。

ちなみに本日10クレしまたが、釣果は坊主です〜
一応、JTのコンノは引きましたが。